good building

得する契約方法

賃貸マンションをお得に借りる方法

building

賃貸物件を借りる際のコストを少しでも低く抑えたいのであれば、複数の仲介業者が取り扱っている賃貸マンションを狙って借りるのがお勧めです。敷金や礼金の水準は不動産オーナーが決定するものなので、取り扱っている業者によって差異があるケースは稀ですが、仲介手数料については不動産仲介業者が設定しているものなので、割引をさせる余地があるのです。特に複数の不動産仲介業者が取り扱っている賃貸マンションの場合、他社に顧客を奪われないために仲介手数料を引き下げてでも契約をしたいという不動産仲介業者は少なくないため、これを上手く利用するのです。

最近の賃貸用マンションのトレンド

最近の賃貸マンションは、高価格帯マンションと低価格帯マンションの二極化が進んでいます。高価格帯マンションは主に東京都心部や大阪都心部で増加傾向にあり、月額の家賃が50万円を超える物件も急増しており、しかもその家賃相場は強い需要に支えられて上昇傾向にあります。他方、物件の築年数が古く、また立地もそれほど良くないという老朽化物件はテナント離れが深刻となっており、不動産オーナーは家賃水準の引下げを余儀なくされています。こうした二極化の狭間の中間価格帯の賃貸マンションの相場は高価格帯マンションの家賃相場に引っ張られる形で緩やかに上昇しつつあり、一部の富裕層を除く中間層の人には厳しい家賃相場動向となっています。